5/9のAbleton Meetup Tokyo Home Edition Vol.1まであと2日!まだスタジオは片付いていません!
本日紹介する出演者は、京都のAbleton認定トレーナーの赤川純一さん。赤川さんはオーディオビジュアルやメディアアートを得意としています。
”Share Midi And Party!”は大黒さんと共同で開発していて、赤川さんはプログラム全般を担当しています。

この”Share Midi And Party!”のプロジェクトは、名称(頭文字…)やパッチの機能などを含めて、二人のアイデアによって進められております。詳細はこちら↓

配信はAbleton Meetup TokyoのYouTubeチャンネルから行いMeetup TokyoのYouTubeチャンネルでオンエアーです。気になった方はチャンネル登録よろしくお願いいたします。

https://www.youtube.com/c/AbletonMeetupTokyo

Junichi Akagawa / 赤川 純一

オーディオビジュアルアーティスト・Ableton認定トレーナー。
2010年から2013年までベルリンを拠点に活動し、現在は京都在住。
Ableton Liveとmax for live、またopenFrameworksやtouchdesigner等を用い舞台作品のリアルタイム演出やインタラクティブな体験システムの設計から実装を行う。

これまで日本、ドイツ、オランダ、イスラエル、中国など国内外で公演を行い、身体、映像、音を基調としたダンス作品”Figure”では横浜ダンスコレクションEX2014にてイスラエル テルアビブ-ヤフォ・横浜文化交流賞を受賞。2019年には文化庁メディア芸術祭とMUTEK.JPのコラボレーションイベントに出演。

2017年にHz-recordsよりフルアルバム“Consistency Test”、2018年にはShrine.jpより“Dice from the Window”をリリース。

Junichi Akagawa

Audio-Visual artist and Ableton Certified Trainer.From 2010 to 2013 he lived in Berlin, presently living in Japan.
By programming and using sensor data, he is making live performances, dance pieces and installations.

In 2012 he made a contemporary dance piece “Figure”, which is composed with dynamic images, sharp sounds and human body.
This piece won the Tel Aviv-Yafo•Yokohama Prize in Yokohama Dance Collection EX 2014.
In 2019, he was invited to the collaboration event between MUTEK.JP and 22nd Japan Media Arts Festival. 

His first full-length album “Consistency Test” was released on Hz-records in 2017, a single “Dice from the Window” on the label Shrine.jp in 2018.

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください